手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので|チンジャオ娘:3話

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

お前とヤリたいと思ってる同級生は大勢いるだろうな。

でもお前は俺の家畜だからな。

お前の肉穴は俺のために使って、俺に報いろよ。

 

 

↓無料試し読みはこちら↓

面倒な登録なしで読めます


「手塩にかけた」を今すぐ試し読み!

 

 「手塩にかけた」を無料で5秒で読む方法

 

オススメはBookLive!コミックです。

 

公式サイトのBookLive!コミックで先行配信されることが多く、

チンジャオ娘さんのエロ漫画を一番最初に読めるんです。

 

BookLive!コミックなら会員登録なしで全話試し読みが可能です。

 

しかも会員登録した後も1話ずつ可能なので色々な漫画を試すのに最適!

 

読み方の説明はこちら。

 

1.下の画像をタップしてBookLiveコミックへアクセス


 

2.「無料立ち読み」をタップ

 

3.「無料試し読み」をタップ

 

これで簡単に読めちゃいますよ。

今なら実質無料キャンペーンもやってるので、会員登録もお得にできますよ!

 

3話ネタバレ

↓ネタバレ前に読みたい方はこちらをタップ↓


 

中村は怒りと欲望のまま陽葵を抱き続けていた。

 

お前とヤリたい同級生は大勢いるだろうなぁ

でもお前は俺のチ◯コを受け入れるための俺の家畜だ

知らない間にいい肉穴になったなァ

 

パンッパンッ

 

お父さん・・お願いもうやめて・・

 

初めてだからまだキツイけどだいぶ慣れてきたんじゃないか?

気持ち良さそうに体を震わせてるな

これが大人の快感ってやつだぞ。

 

陽葵は口元を手で覆って声を押し殺していた。

 

お前の母親も性欲がすごくて毎晩のようにヤッてた時があったんだぞ

だから子供ができたって言われた時も俺の子供だと疑わずに、金も時間もかけて育ててきたのにな・・ッッ!!

 

まだ終わったと思うなよ!!

まだまだ楽しませてもらうからな!!

 

ゆさッゆさッずぽっじゅぽッ

 

ッ・・出すぞ!!

 

中村は何度も陽葵に中出しした。

そして最後の中出しを終えた頃には、自分のやったことに対する重大さを感じていた。

 

床に伏して泣いている陽葵をおいて、中村は家族に家から出て行くことにした。

すると陽葵は外まで追いかけてきた。

 

お父さん行かないで!

さっきは動揺したけど、私別に怒ってないから・・

全部忘れるしお母さんにも内緒にするから、今まで通り一緒に暮らそう・・!

 


おすすめシーン&感想

 

ドS発言をしながら陽葵を何度も抱くシーンですね。

 

最初は悲しくて何度も涙を流してたのに、徐々に感じた表情をしてくるところもたまりません。

 

中村は我を忘れたかのように何度も陽葵の体を貪り尽くしてて、

 

容赦ない感じがたまりませんでした!