手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので|チンジャオ娘:2話

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

先のことなんて考えてなかった。

ただ、目の前にいる「女」の誰もみたことがない部分を見たいという欲望のみだった。

赤の他人をここまで育ててきた俺には、それを知る権利があるとさえ思っていた。

 

 

↓無料試し読みはこちら↓

面倒な登録なしで読めます


「手塩にかけた」を今すぐ試し読み!

 

 「手塩にかけた」を無料で5秒で読む方法

 

オススメはBookLive!コミックです。

 

公式サイトのBookLive!コミックで先行配信されることが多く、

チンジャオ娘さんのエロ漫画を一番最初に読めるんです。

 

BookLive!コミックなら会員登録なしで全話試し読みが可能です。

 

しかも会員登録した後も1話ずつ可能なので色々な漫画を試すのに最適!

 

読み方の説明はこちら。

 

1.下の画像をタップしてBookLiveコミックへアクセス


 

2.「無料立ち読み」をタップ

 

3.「無料試し読み」をタップ

 

これで簡単に読めちゃいますよ。

今なら実質無料キャンペーンもやってるので、会員登録もお得にできますよ!

 

2話ネタバレ

↓ネタバレ前に読みたい方はこちらをタップ↓


 

パンツ脱げよ

 

中村は、先のことなんて考えていなかった。

でも他人をずっと大事に育ててきたんだからこれくらいの資格はあると思っていた。

中村はまだ誰も見られていないであろう陽葵の綺麗で小さなマ◯コに指を入れ、クチュクチュと刺激し始めた。

 

お父さん、もうやめよう・・お願い。

 

陽葵は涙を浮かべながら懇願した。

 

やめるわけないだろ。

悪いけど、泣いてるところみても煽られるだけだから無駄だよ。

ここ触ると気持ちよさそうで体は正直だな。ここはク◯トリスっていうんだぞ。

 

ぬちゃぬちゃッ・・ぴちゃッぴちゃッ・・

 

指も第二関節まで簡単に入るな。

彼氏ができた時のことを想像してオ◯ニーでもしてたのか?

すごい濡れてきたな。

お前のマ◯コは本当にエロいな。

 

クチュッくちゅッ

 

はぁんッ・・!

 

陽葵は甘美な声を漏らした。

 

お前のマ◯コが早くチンコ入れてっていってるぞ。

もう我慢できないから入れるぞ。

 

お父さん・・!痛い痛い痛い痛い・・!やめてぇ・・!

 

初めは誰にでも痛いけどそのうち慣れるよ。

うわ、キツくて暖かくて気持ちいいな・・

奥まで入った・・うッ・・出すぞ・・!

 

俺は娘だと思って大事に育ててきた赤の他人の中に精子をぶちまけた。

他人だから問題ない。

 

まだ終わりじゃないぞ。次は後ろ向けよ。

 


おすすめシーン&感想

 

中村が無理やり陽葵の処女を奪うシーンですね。

 

涙を流してやめてって言う元娘(?)に対して、非情な態度でセックスを強要する中村。

 

女性受けは悪いかもですけど、

無理やりっていうシチュエーションに憧れがある男は多い気がします。

 

しかもあんなに巨乳で処女ですよ?

初めて奪いたくなっちゃいますよね。

 

でも中村は一回じゃ収まらず、まだ強要しようとしてますね。

これを繰り返すうちに陽葵はセックスにハマっていっちゃうんだろうな。

 

その過程を見るのが楽しみすぎます!